クラウドが車を変える

最近の車のコマーシャルを見ると、燃費性能と安全性能が車社会の2大テーマであることがわかります。 安全性能もかつては事故から生命を守る機能が中心でしたが、最近は危険予見と回避技術を競っています。そこでクラウドの出番です。走行していてもインターネットに車がつながっていれば、車の位置や走り方まで瞬時に捉えて危険を察知したり回避したりできる技術が実用化の段階まで来ているのです。将来の自動運転の実現にもつながると考えれています。

車がインターネットでつながる、これはIoT(Internet OfThings)の解かりやすい例です。人と人をつなぐだけでなく、車やカメラやいろいろな機器がつながり始めると画期的なサービスや製品がどんどん出現してくるでしょう。

また、常時車から上がってくる運転状況と場所の情報を集めて分析すれば、世の中の危険個所の発見や、運転者の技量や特性まで考慮した安全対策も考案されてくるのです。これはビッグデータをサービスや製品に活用する解かりやすい事例ですね。

従来から発達してきた車技術、位置情報技術にクラウドやビッグデータ分析技術が加わって車社会が大きく変わろうとしているのです

<参照>日経テクノロジーOnline ボルボ、クラウドによる車間情報共有の実験を拡大

#クラウドコンピューティング

最新記事
テーマ
まだタグはありません。
アーカイブ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 by Clouddesignlaboratory Co. Ltd.