クラウドコンピューティングとグランドコンピューティング

従来からのITを利用する形態、技術体系、ビジネスモデル等に対して、インターネット技術やWEBアプリの成熟、スマホやタブレットの発展、さらにそれらを活用した新しいビジネスモデルの出現を受けて”クラウドコンピューティング”という言葉が使われるようになりました。 

クラウドは雲、雲の向こうに繋がったネットワーク、その向こうにある無数のコンピューターがあなたの必要な仕事をしてくれる、あなたの必要な人と繋げてくれる、あなたが探している情報を探し出してくれる、というのがクラウドコンピューティングのイメージではないでしょうか。

そこでクラウドデザインラボラトリーは、

クラウドコンピューティングモデル Cloud Computing Model

に対比して、従来のIT利用モデルを

グランドコンピューティングモデル Ground Computing Model

と名付けることにしました。

クラウドコンピューティングとグランドコンピューティングを比べると、大きな違いがあることに気がつきます。

例えばクラウドは

所有しないIT

サービスとして利用

何時でもどこでもすぐに使える

それに対してグランドコンピューティングは

所有するIT

部品を買って組立なければ使えないIT

外から使うには大がかりな仕組みが必要

こういった本質的な違いによって、ユーザーがITを利用するスピード、コスト、革新的なビジネスに活用する機会が格段に違ってきているのです。

”クラウド”という言葉がはやりだしたころは、どうせいつものIT流行語でしょ、雲のような曖昧な言葉じゃ意味がわからない、といった印象を持つ人が多かったのですが、今やクラウドは確固とした技術の発展に基づいた、大きく伸びるビジネス領域であることが証明されてきました。

#クラウドコンピューティング

最新記事
テーマ
まだタグはありません。
アーカイブ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 by Clouddesignlaboratory Co. Ltd.