中堅中小に広がる業務パッケージのクラウド化

日経電子版(原典ITPro 2015/2/9掲載)によると、日本の業務パッケージ利用企業(中堅中小のみ対象)の役職者を対象に行った調査では、8割以上の人が業務パッケージのクラウド化が進むと答えている。その理由だが

① BCP(事業継続)上のメリット

② 最新機能を使える

③ システム運用管理の負担軽減

となっている。

同じような米国の調査では(当ブログの記事参照)クラウドのアプリの効果は

① ビジネスのスピードアップ

② 業務拡大への対応

③ コスト削減

となっており、この対比が日米のITに対する意識の違いを如実に表わしているようで面白い。

日本でも業務パッケージを利用する企業はIT利用の取り組み意識は進んでいると思えるが、

業界の変化に対応してビジネスを変革するためにITを活用する(米国)

という経営者の意識に対して

ITの運用やインテグレーションに多くのコストと時間を費やし苦労している

日本のIT事情が透けて見えるような気がしますね。

因みに日米ともクラウド利用を躊躇する理由は、セキュリティだそうです。

明日はクラウドとセキュリティについて考察しましょう。

<参照>

中堅中小に広がる業務パッケージソフトのクラウド化意識  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82982450Z00C15A2000000/

小惑星

#国内のニュースから

最新記事
テーマ
まだタグはありません。
アーカイブ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 by Clouddesignlaboratory Co. Ltd.